« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の投稿

「森の写真だより」更新です

「東京の森と木」web内“森の写真だより”を更新しました。

撮影地は「裏宿神社の杜」。大刈後の地拵えの写真です。このあと、もうすこし大きな木も伐るのですが、その前の段階で一度まとめておこうとやっているものです。

どうぞ、ご覧ください

(かんから)

「裏宿神社の杜」整備事業

先週末から青梅市内の現場に入っています。

裏宿神社という神社があり、その裏山の整備作業です。依頼主は神社周辺の自治会。「裏宿神社の杜」として、よりいっそう地域住民が憩える森にする、という目的があります。

作業は間伐と道づくり、そして植栽です。

現場は広葉樹メインの山で、遊歩道もあることから散歩等で利用する人も多いところです。しかし、若干混み気味で枯れ木も多いので、間伐して空間を広げ、全体を明るくします。そうすると、人がさらに入りやすくなるし、また残った木も枝葉を伸ばしやすくなり、元気な山となるのです。遊歩道も新たなルートを付けくわえ、全体を周遊しやすくします。今回伐って空いたスペースには苗木を植えます。

しばらくは、裏宿が仕事の中心となりそうです。

P1080823

まずは大刈

P1080829

P1100834

植え付けに備え、大刈で刈ったものをまとめる

(かんから)

「サントリー天然水の森」間伐作業終了です

「サントリー天然水の森」での間伐作業が、昨年末で終了しました。

これは、サントリー、東京農業大学、あきる野市、東京都森林組合の四者がすすめていたもので、現場での作業部隊として東京チェンソーズが指名され行なっていたものです。

“企業の森”の仕事は今回が初めてです。サントリーの考えで、今回の間伐は植生の回復・保水力のある森林づくりがメインの目的です。その目的に合致した仕事ができたか....。

週明け、関係者が集い現場へ赴きます。どう見てくれるのか。緊張します。

Pb120819 作業前①

Pc270849 作業後①

Pb120800 作業前②

Pc236309 作業後②

(かんから)

測量で仕事始め

伐採・搬出した現場の測量をしました。測量は2人1組でまわり、①方位角、②傾斜角、③斜距離を測って面積を出します。

P1070881

↑このコンパスで①②の角度を測る。③は“ピキョリ”という計測器を使う

直線が長く取れ、やりやすかったこともあり、現場での作業はスムーズに終わりました。このあと事務所でパソコンにデータを入力、測量図を出します。これで終わりです。

さて、個人的な話ですが、かんからはきょうが仕事始め。長く休ませてもらいました。ことしもよろしくお願いします。

同行して現場を案内してくれた材木店のかたは、市場価格(もちろん木の)が下がりっぱなし、と嘆いています。どんな年になるんでしょうか。いい年にしたいですね。

(かんから)

あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます!

大晦日のツンと張りつめた静寂の夜、除夜の鐘が山々に響き、東京・檜原村も穏やかな新年を迎えました。

もちろん、東京チェンソーズにとっても新たな1年の始まりです。朝日を浴びた檜原村の山々を見ていると、今年も良い1年になるという予感がしてきます。今年も前向きにいろいろな事にチャレンジしていきたいと思います。

今年こそは、無事故で、東京チェンソーズらしい仕事ができるように、気を引き締めて取り組んで参りたいと思います。

今年も東京チェンソーズをよろしくお願いいたします。

東京チェンソーズ 代表 青木亮輔

2011

フォト