« 映画「森聞き」観てきました | トップページ | 枯死した苗木が落ちていた »

目印棒設置調査

P5030103

いったい何をやってるのかというと......。花粉対策で伐採、搬出した山に、新たに植栽された広葉樹。その根元付近に、下刈り等での誤伐防止のための目印となる棒を刺しているのです。植栽状況の調査にもなっています。

現場は奥多摩町。檜原の事務所から車で2時間弱。そこから登山道を5分歩き、作業道へと入ります。作業道は伐採地内の尾根まわりをほぼ直登するもので(鉄砲登りという)、けっこうきつい。これが約35分。そこから上の大尾根までが今回作業する現場となります。

山は岩盤質で棒が刺さりにくく、いくぶん条件の悪い現場でありました。

振り返ると、眼下には奥多摩湖。いいね!(写真はないです)

来月にかけて、この目印棒設置調査が不定期ではいります。

(かんから)

« 映画「森聞き」観てきました | トップページ | 枯死した苗木が落ちていた »

コメント

いつも大変な作業お疲れさまです。

本読み終わりました!!とっても良かったです。
「チェンソーズさんの仕事を間近で見てみたい!檜原村に行ってみたい!」と言うのが一番の感想です。
田丸さんの林業=教育、青木さんの想像力が必要と言う言葉には、林業に直接携わってない私にもなるほど!と伝わるものがありました。
実際間近で仕事を見るのはたぶん無理なので、これからもブログやHPの更新楽しみにしています。
では、またカキコミします。
ツリークライミング是非やってみたいです☆高いとこ苦手なんですけどね(^^;)

imajinさん、コメントありがとうございます。

お時間がありましたら、ぜひ檜原村を訪ねてください。この時期は新緑がまぶしいですよ。

またツリークライミングは、行ける高さまで登ればいいというものなので、高いのが苦手でもどうにかなると思います。

最後になりますが、これからもよろしきお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108530/39849667

この記事へのトラックバック一覧です: 目印棒設置調査:

« 映画「森聞き」観てきました | トップページ | 枯死した苗木が落ちていた »

フォト