ツリークライミング

秋空のツリークライミング

Pa235991

23日、公財東京都農林水産振興財団で行なわれた「東京農水フェア」にて、ツリークライミングの体験会を開催しました。

登ったのは、幹周り3m、高さ30mはあろうかという大きなヒマラヤスギ。

前日までの雨がやみ、青ーい秋空のもとでのクライミング。絶好のコンディションでした。

近日中に写真をまとめますので、お待ちください。

(かんから)

「You Tube」にアップされました

18日に「檜原 都民の森」で行ったツリークライミングのイベントの様子が「You Tube」にアップされました。ご覧ください

撮影したのは某大手出版社TのAさん。T社とは今年のあたまぐらいからすこし付き合いがあるのですが、そのへんのこと、そういえばきちんとブログに書いていなかったかもしれません。今度書きますね。そんなこんなでAさんはよく檜原に来てるんです。

今回はツリークライミングのイベントに参加してくれました。ただし、撮影するのみで登りませんでしたが。

ツリークライミングのイベント(体験会)はこのあと、7月31日、9月12日に同じ「檜原 都民の森」で行ないます。都民の森の年間スケジュールに組み込まれたイベントですので、問合せは都民の森までお願いします。

(かんから)

サンキュー

P7184966

ツリークライミングを終えたあと、それまで自分を支えてくれ、楽しませてくれたた木に「ありがとう」をいいます。

「けっこうでかいな」とか、「何年生きてるんだろう」など、改めて思います。はじめるときは”何気なく”だったのが、いざ終わると実感が伴い愛着がわきます。吸い上げる水の勢いを感じたり、光からパワーを得る感触を共有したり。すこし湿った匂いや、がさついた肌触り、ぶつかると意外に痛かったりなどいろいろ。

木はずーっと前からここにいました。きょう登った木。その祖先。そのまた祖先。もうずーっと前からこの辺にただ立っていたのです。

建築や木工に使ったり、あるいは眺めたり。木は常に身の回りにありました。古い友達です。

(かんから)

ツリークライミング体験会を主催する(初)

24日、(財)東京都農林水産振興財団のイベント「東京農林水産フェア」に参加。ツリークライミングの体験会を主催した。主催するのは初めてだし、チェンソーズのメンバーだけでのイベントも初である。

場所は立川市の財団。木はヒマヤラ杉。そう、先週、折損枝を除去したあの木である。

なにしろ初めてということで買った道具・装備も多かったが、ツリークライミング・ジャパンの先輩会員から貸してもらったものも多かった。ありがとうございます。

体験会は事故もなく無事終了。参加者(おもに小学生)はおおいに楽しんでくれたと思う。

↓準備

Pa240167

Pa240178

Pa240181

↓登る木に挨拶

Pa240200

↓もくもく体操

Pa240250

↓クライミングの説明

Pa240254

Pa240195

↓で、みんなが楽しむ!

Pa240217

Pa240230

(かんから)

「森林の市」ツリ-クライミング体験会

9日10日の二日間、日比谷公園で開かれた「森林の市」でツリークライミングの体験会にスタッフ参加した。

ゴールデンウィーク後半からは雨続きだったのだが、両日とも見事に晴れた。ときおり、心地よい風も吹き、木の上はさぞかし気分がよかったのではないだろうか。

P5090202

↑体験会は一回に10人弱が参加。ツリークライミングジャパンでファシリテータの資格をもつカヌーが登り方の説明をした

ツリークライミングについては、ツリークライミングジャパンのホームページを見るのが一番正確で早いと思う。体験会も月に何度か行なっているので、興味がわいたなら、参加してみてはいかがだろう。

(かんから)

ツリークライミングinこどもの国

暖かくなりツリークライミングの体験会イベントが増えてきた。そのひとつ、横浜市のこどもの国で開かれた体験会にスジガネとかんからが参加した(15日)。

木の上でのんびりしたいな、と思わせる好天であった。

P3150050

P3150056

(かんから)

ゆっくり日比谷でツリ・クラ体験会

日比谷公園(東京都)で行なわれたツリークライミング体験会にスタッフとして参加した(10日~11日)。これは、林野庁などが主催するイベント「みどりの感謝祭」内の催しである。

先月の高尾での体験会と同様、あいにくの雨。しかも、3月並の気温とあって肌寒く、お客さんが少なく淋しい状態。ま、しかし、これも先月同様、お客さん一人ひとりにゆっくり時間を当てて対応できたので、ある意味よかったかなと思う。こういうイベント、余裕が大事だ。

P5110096

ブナクライミングin宮城

ゴールデンウイークを利用して宮城の栗駒山麓に行ってきました。(カヌーのみ)

ブナの大木にチャレンジし、2日間フルに楽しんできました。

あいにくの天気でしたが、幻想的なブナの原生林の中を流れる沢を見ながらのツリークライミングは最高でした。

2008_020 樹上20mからの景色

2008_015 ブナの大木

2008_018 登って行く

2008_033

2008_041

少ーし慣れてきたかな

林野庁・森林技術総合研究所(八王子)で開催されたグリーンフェスティバルに、ツリークライミング体験会のスタッフとして参加した。

チェンソーズとしては3回目の参加となる。新米とはいえ、少ーしは感じがつかめてきたかな、というところである。イベント参加者へのクライミング方法の説明や、登ってからは木の上での補助など、けっこう活発に動けるようになったと思う。

P4130145

P4130123

P4130128

P4130150

じつは、当日(13日)は生憎の雨模様で、参加者は予定より少なかったようなのだが、なにぶん新米ゆえ、余裕を持ってやれそうだったので、内心ほっとした次第である(内緒)。

子どもたちに大人気のツリーボートの設営も行なった。

P4130112

水元公園「大自然塾」に参加

水元公園(東京都葛飾区)の広い園内の一画にあるクスノキを使って行なわれたツリークライミングの体験会に、1日・2日の2日間ボランティア・スタッフとして参加した。

これは東京都主催の定期イベント「大自然塾」の一環で開催されたものである。

スタッフは朝7時集合。ミーティングのあとセッティングとなる。クスノキ4本に30本近いロープをセットするのだが、チェンソーズが練習で行なっているやりかた(木の下からロープをかける)とはちがい、こういうイベント時には1本かけたらそれを使って木に登り、あとは木の上からロープをセットする。

どの枝にロープをかけるのかの指示を受け、われわれチェンソーズも木に登りセッティングを行なった。*残念なことに写真なし

体験会は10時と13時の1日2回。今回は小・中学生が対象で、1回に20人ほどが参加する。慣れないながらも、われわれもヘルメットやサドルの装着、クライミングのアシストをする。もちろん笑顔で。

P3020071

P3020076

P3020080

2日目はイベント終了後、ロープの撤収があり、これも普段の練習とはちがい木に登っての作業となる。もちろんわれわれも木に登り作業した。*残念なことに写真なし

スタッフとして参加した体験会はこれが2回目だが、不慣れで至らないところは多々あったと思うが、それなりにやれたのではないだろうか。「つぎ」に繋げて行きたい。

フォト