刈払い

水源隊下刈り体験に参加

今日の水源隊のイベントにスジガネに代わってカヌーこと私、青木が参加してきた。

雨が降ったり止んだりのあいにくの天気ではあったが、無事下刈り体験が決行された。

002_4 001_2

参加者は約20人で、9:30に奥多摩駅から徒歩5分ほどにある水源隊事務所に集合。このイベントの趣旨等簡単な説明のあと、事務所を車で出発し、青梅街道をひた走ること1時間、山梨県甲州市にある東京都水道局の落合出張所に到着。

このイベントは4年も続いており、毎週木・土・日に開催されていて、週末は抽選となるほどの人気ぶりとのことであった。中には常連の方も多く、百回以上参加されている方も数人いた。

落合出張所で、各自貸与された鎌を持ち、いざ山林内へ出発。

004 005

良く整備された気持ちの良い山道を歩いていく。山には40年生以上のヒノキと唐松と広葉樹の混合林がかなり広い間隔で植わっていて、その根元には若いヒノキが鹿ネットに守られながら植えられている。このあたりは鹿の被害が多く、苗木には必ず鹿ネットをつけているそうである。ちなみに、担当の方の話では、苗木1本につける鹿ネットの経費は約2600円とのことで、かなりの負担となっているようであった。

事務所から歩くこと15分。時はすでに12時半を過ぎており、早々に昼飯を食べてすぐに作業開始となる。

010

今回の役目のメインがこの下刈りの指導ということだったので、班長として4名の方と一緒に作業をしたが、水源隊担当者の的確な説明のおかげで、簡単な作業の説明と危険予知を話すだけで、特に指導させてもらうこともなくすんだ。逆に参加者の方達から山に対する熱意を感じ、教わることのほうが多い貴重な体験をさせてもらうことができた。この参加者の中には檜原村でも山仕事のボランティアとして働いたことがある人も多く、世間の山仕事に対する関心の高さを再認識することもできたことも大きな成果であった。

これからもこのような機会に恵まれるよう、あちらこちらにアンテナを張って、山仕事に対する理解を得るために、チェンソーズも今後ともより積極的に活動していかなければならないと痛切に感じた良い機会となった。

梅と花粉症といのしし

_025

現場近くの木下沢林。きれいにづき始めた。

_030

梅を撮影するスジガネ

_031

その一方で、ガレージ花粉症でダウンしてしまった。はたいへんである

本日、またしてもいのししが出没。今回は2匹で、山の上から、カヌーに向けて突進してきたという。前回のものより大きかったそうだ。

こんな感じで、八王子の現場は無事終了です。

ラスト1日までこぎつけた

_023

刈払いもようやく終わりがみえてきた。

左側の上部が残るのみである。

あと1日で終わりだ。

山に危険な雨が降る

_021

昼前からがぽつぽつ降ってきた。

竹が多い山は、雨降りは危険である。倒した竹が雨で濡れると、ひじょうに滑りやすくなるのだ。

刈払い作業中の事故(怪我など) は、作業者の転倒に由来するものが大半を占める。そして、大きな怪我に通じることが多い。

作業を中止し、半日で引き上げた。

いのしし出没に驚く

昼休み、いのししが出た。

弁当を食べているすぐ前、5メートル程のところを一匹、すーっと通り抜けて行った。まだ若い大人、である。

ぜんぜん人間のことを気にしていないようで、というか無視しているのか、刈払い後のぼさのなかをゆうゆうと歩いて行った。

さて、本日も下刈りである。

相変わらずのジャングルだが、どうにか先がみえてきた。

_015 アオキの壁に挑む

_016(左)切り倒す瞬間

八王子について

東京・多摩地域最大の都市八王子である。人口は54万人。産業では、第三次産業が事業所数・従業者数とも全体の約8割を占める。

その一方でけっこう山も多い。市の面積のおよそ46%が森林なのである。

なので、八王子での仕事というのが割とある。

八王子遠征で一番困るのが、朝夕の渋滞があること。普段、渋滞知らずの土地に暮らしているせいか、これにはまいってしまう。時間に気をつけねばならない。

本日も刈払い。写真奥に見えるのが中央高速。刈り払った後、現場から見えた。

Photo_97

作業の前にミーティング

_009_1

とにかく危険な山なので念入りにミーティングをする。みんなで話すことにより、避けられる危険は避け、それが難しい場合はどう対処するか考える。

_010

激しい動きに対応できるように日課の準備運動。いざというときに身体が動かないと、怪我に通じる。とくに冬場は、朝のウォーミングアップが重要だ。

_011

念入りに刃を研ぎ澄ます。切れ味が悪いと、体力も精神力も消耗してしまう。刃は1枚につき32個が表裏交互についている。それをヤスリで研ぐ。

再び八王子、下刈り

再び八王子である。

先月31日以来、中2週間開けての「激しい下刈り」再スタートだ。

現場はけっこう長い期間放置されていたようで、アオキの繁茂が旺盛だ。ツルも多い。そこで、将来、再び林業で使える山にするべく、手入れしようとなったようだ。

チェンソーズの現場はこれまで、杉・檜の人工林がほとんどだった。作業は間伐がメインである。しかしここは、山の1/3が人工林(杉)なだけで、残りは雑木である。その雑木部分の荒れが激しいのだ。

作業は困難を極めた。スジガネの刈払機の飛散防止カバーが折れた。ガレージはエア・フィルターを飛ばした。初めて完全なキックバックも経験した。

きのうの春一番のなごりか、本日もじつに強風であった。刈払機で切ったものの雑木からのツルに引っ張られ、宙吊りになった竹が風鈴のように鳴った...........。

激しい下刈り

今日の仕事は八王子にある山林の下刈り。

この山はとにかく凄まじい!

というのも山林内に竹とツルとイバラが絶妙なコラボレーションで人間の侵入を阻止するのである。

写真のとおり杉山と雑木林に分かれており、特に雑木林の方が荒れてひどい。

言ってみればジャングルを公園にするような仕事である。

刈り終ったらさぞかし綺麗な山になることでしょう。

_001_1 現場遠景  中央右の杉山と左手の雑木林が現場

_008 左手は作業後右手は作業前 まさに竹の壁である。

                       竹はツルに押されて下向きにひったまっている。

_007_1 その壁に立ち向かうスジガネ

竹はツルに押されてひったまっているため、刈り刃を当てただけでバシッという音とともに裂けて、刈払機を弾き飛ばし、伐ってもツルが絡まり倒れてくれず、倒れた竹に足を置こうものなら、つるっとすべる。スリル満点の現場である。

怪我なく終われることを切に祈るばかりである。

カヌー

フォト