山の神

「山の神」で安全祈願する

17日は「山の神」の日。

同じ檜原村内の山林で仕事する”きこり”さん、谷口林業さんと、村内の大嶽神社にて合同で安全祈願をした。

チェンソーズは幸いにも昨年は大きな事故や怪我もなくやってこれた。が、油断は大敵である。事故が多い業界だけに、安全が当たり前であるように心がけたい。

P1170315

(かんから)

「山の神」で安全祈願

17日、毎年恒例の「山の神」を行なった。今回はこれまでも一緒にやってきた「きこり」さんのほか、山梨からきている谷口林業さんもともに神社で安全祈願の御祓いを受けた。

P1171717

P1171718

そのあと場を移して、昼から皆で飲んだ。

昨年は大きな怪我もなく、無事年間を通して仕事が出来何よりだった。林業を日々の糧とする以上、当然売り上げは大事なファクターである。しかし、それもみんなが健康に働けてこそなんである。

気持ちに余裕を持つという意味でも、こういう日は大切だと思う。

(かんから)

山の神の日は雪

1年の作業の安全を祈るこの日、天気予報でも雪の予報は出ておらず、何の前触れもない突然の銀世界に何か神聖なものを感じてしまった。

P1170012 時坂事務所

P1170015 事務所からの眺め

P1170019 雪といえば雪だるま

安全祈願は昨年同様、「きこり」さんと合同で大嶽神社で行なった。

ことしも1年、無事故でいきたいものだ。

山の神

毎月17日は山の神の祭日にあたり、とくに1月は1年間の山の安全を願うという意味で、行事として残っている。

本日われわれは[きこり]さんと合同で、大嶽神社(檜原村)において、ことしの仕事の安全を祈願した。

独立してはじめての山の神ということもあり、神主さんの御祓いをうける本格的なものとした。

神社のあとはカヌー邸でみんなで酒を飲んだ。

ことし1年無事でありますように!

フォト